プレストジャパンは、お客様の業務に最適なIT技術・システムをご提案いたします。

 システム開発で一番大切なことは、実際にシステムを利用する担当者が納得して使えるシステムである ことです。 価格的にお手ごろだから、導入までの期間も短いなどの理由で汎用的なWebシステムなどを トップダウンで導入するケースなどの場合、導入後に次の様な問題が発生する可能性があります。


・システムの導入後、従来の仕事の進め方と大きく異なるため、担当者への教育に思った以上に時間がかかったり、 理解不足によるトラブルが増えた。
・会社独自の要望をカスタマイズしようと見積もりを依頼すると、予想外の高額を提示されあきらめた。結果システム自体を使わなくなった
・業務上重要な独自のワークフローを満たさないため現場では使わなくなってしまったので、 利用を中止した
・使わなくなったが年間契約がまだ残っているためすぐには解約できなかった。
・他のシステムに移行するためデータの引き渡しを依頼したが、十分なサポートが受けられなかった。


プレストジャパンでは、PjWinToolシステムを使い企業ニーズを満たすアプリを効率よく作成して問題を解決します。

 PjGideを利用すると 業務システムで必ず必要となるデータベースや印刷機能を簡単に開発できるコントロールを提供していますので、 開発を飛躍的に効率化します。従来のスクラッチ開発と同じ機能を持つアプリをお手ごろな価格で開発することができます。

 弊社では、ヒヤリングを行ったあとはPjWinToolを使いプロトタイプを作成し実際にアプリのユーザーインタフェイスを利用していただきます。 実際に動くプロトタイプに触れることで、ミーティングなどで見落としていた項目を発見することもおおくあります。 プロトタイプを触る前に、十分な仕様を完璧に作成するのはプロのシステムエンジニアでも簡単な仕事ではありません。 このプロトタイプ作成を繰り返すことで、仕様が曖昧出会ったお客様でも、確実に利用されるシステムを開発することができます。 また、初期開発費は必要ですが、利用する中で発生する追加の要望に対しては、 自社システムのため汎用システムのカスタマイズに比べコストを抑えることができ、間違いなく業務に役立つアプリになります。